“ねこね、こねこね。”の音楽に初めて触れたとき、ギターロックバンドとはアートフォームである、という当たり前のことを久々に思い出した。Sonic Youth、The Pastels、my bloody valentine、blur、RIDE、くるり、ナンバーガール。多感な時期に夢中になったバンドはすべて、アートとしての魅力を備えていた。決して批判しているわけではないが、フェスで盛り上がることを重視するあまり、否応なく画一化が進んでいく今のバンドシーンにちょっと飽きてきた筆者にとって、イマジネーション豊かな歌の世界とポップ/エクスペリメントを共存させたバンドサウンドを軸にした“ねこね、こねこね。”は“アートとしてのギターロック”の魅力を呼び起こしてくれる存在だったのだ。

 

そして、ニューシングル「ことばの海」でこのバンドは新しい表現へと踏み出してみせた。

 

 タイトル曲「ことばの海」は、“ゆるふわポップ”という従来のイメージを気持ち良く裏切ってくれるロックナンバーに仕上がっている。美しいノイズギターと素朴な物語性を感じさせるメロディライン、そして、“ことばの海を泳ぐ 瞼の裏に浮かぶ情景”に象徴される、リスナーの想像力を刺激する歌詞。90年代シューゲイザーの進化型と呼びたくなるようなこの曲は、ねこね、こねこね。の新しい軸になりそうだ。さらに2曲目には、以前からライブでも披露され、ねこね流ダンストラックとして親しまれている「かいじゅうたちのいるところ」を収録。ファンタジックな世界観を描き出す歌、しなやかなファンクネスを感じさせるアンサンブルがひとつになったこの曲からは、このバンドの幅広い音楽性を感じてもらえるはずだ。

「本当のことなんかは見えないさ/甘んずることなく進め」(ことばの海)という意志のもと、次のフェーズへと歩みを進めた“ねこね、こねこね。”。奥深いポップネスをたたえたこのバンドの魅力を、ひとりでもたくさんの音楽ファンに味わってほしいと思う。

森朋之(ライター)

© 2017 by necone,conecone.